夜に炭水化物を食べないこと痩せるのか??

ライフ

夜に炭水化物を食べないこと痩せるのか??

どうも、もちおです。

痩せたい人にとっては、
炭水化物というキーワードはよく耳にするものかなと思います。

私達が主食として食べている、
お米やパンもその一種ですね。

よく「炭水化物抜きダイエット」なるものを聞きますが、
炭水化物は食べないと痩せるのかというのが今回のテーマです。

ただ、栄養面的にもそもそも炭水化物を取らないというのは良くなく、
今回はもう少しテーマを絞って、
夜に炭水化物を取らないと痩せるのかについて考えていきます。

炭水化物抜きダイエットはおすすめしない理由

まず大前提として、
炭水化物抜きダイエットはおすすめしません。

これにはいくつか理由があります。

炭水化物を抜くと栄養バランスが崩れて体に影響が出る

炭水化物は人間の活動のエネルギー源となっているものなので、
これをそもそも食べないと体に影響があります。

活動量が少なくなるとそもそもエネルギーも消費しませんし、
厳密な話をすると筋肉をつけるためには一定の糖分が必要になるので、
筋肉がつかず結果的に代謝も落ちてしまいます。

まさに逆効果ですね。

炭水化物を抜いて痩せてもリバウンドしやすい

人間の体はとても便利にできていて、
栄養をあまり取らないようにすると、
1回の食事からより多くの栄養を吸収しようとします。

炭水化物を抜くと、体は炭水化物が足りないと認識し、
炭水化物を吸収しやすい体質に変化します。
その結果次に炭水化物を口にした時に、
一気に吸収してしまうわけです。

つまりは、太りやすい体質になってしまうわけですね…。

このような理由から、
炭水化物抜きダイエットはおすすめしません。

炭水化物を「食べない」のではなく「減らす」方が良い

では、どうやって痩せればいいのかですが、
「食べない」のではなく「減らす」ことが重要です。

一定の炭水化物を食べることで、
体は炭水化物が常に入ってくる状態と認識し、
炭水化物の吸収を一定の量に抑えます。

また、量を減らしていることで、
必然的に消費されるエネルギーの方が増えてきて、
結果的に痩せるというわけです。

ちなみになのですが、
痩せる時に意識すべきことは2つだと考えています。

・総カロリー量を少しだけ減らしてゆっくり痩せる
・運動を並行して行うことで痩せる

どちらの方法も時間がかかります。
短期的に結果を求めるのではなく、
時間をかけて結果を求めていきましょう。

夜に炭水化物を抜くことはどうなのか?

今回のテーマである夜に炭水化物を抜くことについてですが、
これはやり方によっては問題ないと考えています。

問題のありなしは以下の通りかと。

✔問題なし
・朝、昼など日中に炭水化物を食べて夜は食べていない
・夜も炭水化物を食べているが少なめに食べている
・夜も炭水化物を食べているが早めの時間に食べている

✔問題あり
・朝、昼も炭水化物を食べていない
・一日の中でも夜に多くの炭水化物を食べている
・夜遅い時間に炭水化物を食べている

夜だけ炭水化物を食べないことは、
1日で見ると結果的に減らしていることになるので、
これは問題ないかなと思います。

一方で、夜に多くの炭水化物を食べたり、
夜遅い時間に炭水化物を食べることはおすすめしません。

人間は寝ているときにはあまり多くのエネルギーを消費していないので、
夜にとった炭水化物は消費されないまま体の中に残り、
最終的に脂肪へと変わっていくからです。

夜に炭水化物を食べる生活をするときは、
いくつかの事項を配慮しましょう。

炭水化物も食べるものを選ぶべき

炭水化物も食品によって色々な特徴があります。

例えば白米は脂質が少ないですが、
逆にパンは物によっては脂質が高いものがあります。

また、IG値という考え方があります。

人間は食事をすると血糖値が上がり、
その血糖値を抑えるためにインスリンという成分が分泌されます。
GI値とは簡単に言うと、このインスリンをどれだけ分泌させるかという値です。

インスリンには脂肪を蓄える働きが一部あるため、
GI値が高い食品を空腹の状態で食べると、
脂肪がつきやすいのです。

炭水化物の中でも、白米やうどんなど、
色が白いものはGI値が高い傾向にあります。

逆に、玄米や蕎麦などはGI値が低く、
痩せたいときにはおすすめの食品です。

私もお米を食べるときには、
基本的に玄米を食べるようにしています!
(このファンケルのお米を利用しています↓)

パックで1食分になっているものもあるので、
是非使ってみてください!


Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました