【転職を考えていない人ほど読むべき本だと思った】転職の思考法を読んだ感想

ビジネス

今回は読んだ本の感想をまとめていこうと思います。

すでに有名な本でもありますが、今回読んだ本は「転職の思考法」という本です。

名前の通り転職について本の中でストーリーが進んでいくのですが、現時点で転職を考えていない人も読んで損はないと思います。

話題になっている理由が納得できる本でした!

転職の思考法とは

転職の思考法は、主人公が転職活動をする中で様々なことを学んでいくストーリーになっています。

転職の思考法の中では、一般的な転職活動と比較して、より自分で考えて活動していく必要性が説かれていました。

本を読んでわかることは大まかに以下のようなことです。

・転職するべき人はどういう人なのか
・転職をする必要性
・転職するために必要とされる能力
・転職時に考えるべき観点

本はストーリー形式で読みやすいので、読書が苦手な人でも難なく読めると思います!

転職の思考法を読んだ感想

どこでも知ることができなかった転職の考え方

転職のことを体系立てて説明しているものはこれまでにはなかったなと感じました。

これまでは個々人が自分なりに調べることしか方法がありませんでしたが、この本を読むことで転職するときに何をすべきなのか、方向性が見えてくると思います。

ただ、本の中で書かれているのは転職のときに使える小手先のテクニックではありません。

しっかり内容を理解した上で、時間をかけて実践することによって結果につながるような、そんな内容でしたね。

転職を考えていない人も読むべき

多くの人は転職しようと思ったときに転職について調べて行動すると思いますが、この本をまだ転職を考えていない人ほど読むべき本だなと感じました。

なぜなら、この本で解説されているものの中には、時間をかけて身につけるべき能力なども含まれており、転職を決意してからでは間に合わないことも多いからです。

適切な方向性で自分自身の市場価値を高めることで、いつでも転職できるという「転職という武器」を手に入れることができます。

転職という武器を手に入れることで、どこでも生きていける人間になるというのがこの本のテーマです!

まだ転職を考えていないタイミングから将来に向けて考えておくべきことがたくさん載っているため、早めに知って将来に向けて実践しておくことをおすすめします。

転職の思考法を読むべき人

20代~30代前半くらいまでの人で、今後のキャリアについて固まっていない人が読むべき本だなと感じました。

今は明確に将来のイメージが固まっていなかったとしても、今のうちからどこでも役に立つスキルや経験を積んでおかなければいざキャリアの方向性を変えようとしたときに実現できません。

特に現代は過去と比較しても社会の発展は目まぐるしいもので、どんなに大きな企業でも倒産してしまうリスクがあります。

例え倒産はしなかったとしても、大規模な人員削減などは現に起こっている時代です。

将来起こるかもしれないもしもの事に備えて、今後のキャリアが固まっていない若い人こそ読むべき1冊でした!

まとめ(私達は人生100年時代を生きています)

これからは人生100年時代と言われるように、若い人たちは100歳以上まで生きる方がどんどん増えてくるそうです。

2007年あたりに生まれた人は半分以上の人が100歳を超えるという調査もあるらしいですね。

80歳くらいまで働く時代がかなり近づいてきていると言えますよね。

20歳から80歳まで働くとして、今の会社が60年間給料を保証してくれるかというと、そうとも限らないですよね…。

どんな環境でも必要とされる人間になるために、是非転職の思考法を読んで、明日から自分の仕事のやり方を工夫してみてください!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました