剣道の応じ技-小手払い面-

剣道 剣道
剣道

剣道の応じ技-小手払い面-

どうも、もちおです。

今日は、応じ技について書いていきたいと思います。

今回のテーマは、小手払い面です。

多くの人が実践の中では、
面と小手しか打っていないことも多く、
技の幅を広げていく必要性を感じています。

小手払い面は、比較的低リスクで打つことができる技ですので、
今回取り上げてみることにしました。

比較的習得しやすい技なので、
是非取り組んでみてください。

※その他の技についてはこちら

1.小手払い面の打ち方

まず、小手払い面の打ち方です。

①相手と表同士で構えあった状態から、
 剣先をすっと下に下げます。
 (このときに、相手に気づかれないように下げてください。)

②そのまま相手の竹刀の下(裏の方)から右上に向かって、
 竹刀を払います。
 すると、相手の剣先が中心から外れますので、
 すかさず面を打っていきます。

2.小手払い面の注意点

小手払い面を打つときに注意していただきたいことがあります。

それは、払う動作の時に自分の竹刀をあまり中心から外しすぎないことです。

払う前に相手の竹刀の裏に一瞬竹刀を入れるときや、
払った後に自分の竹刀が中心から外れてしまうと、
次の動作までに時間がかかってしまい、
相手に打たれてしまう可能性があります。

あくまでコンパクトに対応しましょう。

3.小手払い面を打つタイミング

小手払い面が最も効果的なタイミングは、
相手が出小手を狙っているときです。


相手がこちらの面を誘っている様子が伺えた時は、
思い切って小手払い面に出ましょう。

出小手を狙っていた相手の小手は払われ、
相手の面ががら空きになります。
(出鼻技を狙っている相手は小さな動きにも反応します。
 先程同様払う前の動作が大きいと、
 逆に小手を打たれてしまうので気をつけましょう。)

小手払い面は、逆に仕掛け技としてはあまり当たりません。

あまり何度も打ってしまうと、相手も警戒して、
出小手のタイミングでも当たらなくなってしまうので、
使うタイミングは考えて最小限に抑えましょう。

打つタイミングはある程度決まっていて、
相手もそのタイミングに則って技を出してきます。

打つべきタイミングについてはこちらにまとめていますので、
整理しておきましょう。

周りの人が使用していない技は、
相手もあまり警戒していないことが多く、
一本に繋がりやすいものです。

是非習得していきましょう!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました