剣道の仕掛け技-突き面-

剣道

剣道の仕掛け技-突き面-

どうも、もちおです。

あまり使われていないと思うのですが、
私はよく突き面を打つんです。

これが効果抜群でして、
よく当たります。

今回は、この突き面についてまとめていきます!

1.突き面の打ち方

まず突き面の打ち方です。

これはそのままでして、構えた状態から、
相手の突きをついて、そのまま面に行きます。

このときにポイントがあって、
あまりスピードにこだわりすぎないことです。

突き面の場合、突かれる事によって、
相手の意識が突きをかばうことに行き、
竹刀が中心から外れます。

そこに面を打っていくものなので、
スピードよりも、突きを相手にしっかり見せつけることの方が大切です。

ゆっくりでも十分当たりますので、
まずは突きも面をしっかり打ち、
スピードに頼らないようにしましょう。

2.突きは胸突きでもOK

先程書いたとおり、相手に突きを意識させて、
竹刀を中心からはずさせることが目的です。

なので、必ずしも突きを狙わなくても、
胸突きに当てるだけでもOKです。

胸突きの場合も、しっかり当てることは意識しましょう。

3.突き面を打つタイミング

突き面のタイミングは、不意打ちでなければなりません。

相手としては、突きに来ると思っていないところで突かれて、
焦って竹刀が中心からずれます。

突きに行くことが相手にバレていたり、
何かを打ってくることを相手が警戒していると、
足も使って徹底したガードに回られてしまうため、
面も避けられてしまうことがあります。

構えあっていて、相手が打ってこないだろうと、
油断しているところを狙っていきましょう。

4.突き面を打つときに気をつけること

突き面は、打つときに気をつけないといけないことがあります。

それは、相手が応じ技を狙っているときには打たないことです。

一本目に突きに出る時点で、
出小手や返し胴を打たれると取られてしまいます。

そのため、相手が打ってこないであろうタイミングを、
しっかり見極めて打つことが重要です。

あまり見ない技可と思いますが、
突き面はその分当たりやすい技です。

是非試してみてください!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました