素振りは剣道の上達への近道!様々な種類素振りを実践しましょう

剣道 剣道

様々な種類の素振りを実践して剣道の上達につなげる

どうも、もちおです。

最近怪我をして自主練が多いため、
どうしても素振りなんかの一人で実践できる稽古に着目しがちです。

素振りには、最も基本的な正面打ちや、
左右面素振り、跳躍素振りなどいくつかの種類がありますが、
どれかだけをやるのではなく、
多くの種類の素振りをこなすことが剣道を上達させる上で、
重要だと思っています。

※実践に役立つトレーニングとしての素振りを知りたい方は、
 こちらを御覧ください。
  剣道の素振りの方法とその効果について

剣道の基本は正面打ちだけではない

多くの人が素振りと言われたら、
正面素振りを思い浮かべると思いますが、
それだけでは不十分かなと。

その理由は、剣道の基本は正面打ちだけではないからです。

特に試合の中で、まっすぐ攻めて、
まっすぐ打って当たる場面など少ないほうです。

表裏(左右)から打ったり、
面以外の技を打ったりしてやっと一本になるものです。

多くの種類の素振りを実践することの重要性

そこで重要になってくるのが、
多くの種類の素振りを行うことです。

剣道の素振りの代表的なものは、
下記のものかなと思います。

・正面素振り
・上下素振り
・左右面素振り
・跳躍素振り
・股割り素振り
・踏み込み足の素振り

こうしてみると、結構種類が多いですね。
すべての種類の素振りをこなしているという方は、
少ないのではないでしょうか?

始めのうちは上下素振りや正面素振りメインで良いと思いますが、
長く剣道をやっている方は、股割りや踏み込み足の素振りなど、
少し応用的な動きをする素振りを行うことが剣道の上達につながると思います。

この2つの素振りには、通常の竹刀を振るという動作に加えて、
足の動きなど、他の部分の動きが入ってくるからです。

左右面素振りは積極的に行ったほうが良い

様々な種類の素振りの中で、
最もやるべきものが、左右面の素振りです。

先程書いたように、剣道はまっすぐ攻めてまっすぐ打って当たることは、
実際にはめったにありません。

面一つにしても、表からも裏からも打ちますし、
そのときの刃筋に角度がつくこともよくあります。

角度をつけた打突は、
防具をつけた状態だとなかなか難しいものです。

左右面素振りを行うことで、
安定した横からの打突を行えるようになります。

様々な種類の素振りをコツコツと実践していき、
剣道の上達につなげていきましょう!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました