仕掛け技を打つべきタイミング

剣道

仕掛け技を打つべきタイミング

どうも、もちおです。

剣道において、仕掛け技は最も使う場面が多いと思います。

しかし、仕掛け技を打つべきタイミングは、
なんとなく打っていることが多いような気がしまして、
ちょっとまとめてみようかと思いました。

仕掛け技をどういうタイミングで打つと良いか、
書いていきます!

1.相手が打ってこれないタイミングで打つ

まず、大前提ですが、
仕掛け技は、相手が打ってこないときに打つべきです。

相手が打ってくる可能性があるタイミングで打つと、
相手から応じ技を打たれてしまう可能性があるためです。

そのため、相手が居着いたところや、
崩れたところなどを打つつもりで打っていく必要があります。

相手が打ってこないタイミングを探るための具体的な方法には、
以下の3つが効果的です。

・竹刀を払う
・足を踏み込む
・ゆっくり一歩間合いを詰める

応じ技を狙っている相手は、
ちょっとした動きに敏感に反応します。

竹刀を払ったり足を踏み込んだりといった、
大きなパフォーマンスにも反応しますし、
間合いを詰めることでも反応します。

このような動きで仕掛けてみて、
相手が反応しないときは仕掛け技を出すチャンスです。

2.相手を打てない状態にして打つ

相手を打てない状態にするのも一つの手です。

具体的には、巻技や相手の竹刀を強く抑えるなどで、
相手の竹刀の動きを制限することで、
打てない状況にすることができます。

具体的な技は、上に書いたとおり、
巻いて面や、相手の竹刀を抑えての面や小手となります。

3.相手が避けているところを打つ

相手が避けている状態の時は積極的に仕掛けるチャンスです。

避けているところから技を出すこともできるので、
どのタイミングでも打っていよいというわけではないですが、
避けて崩れているところから打ってくる技は旗が上がりにくいので、
避けて崩れているときには積極的に打っていきましょう。

特に、避ける癖があり、
手元が頻繁に上がる相手については、
何度も手元が上がることを想定して、
避けたときに空く打突部位を積極的に打っていきましょう。

4.フェイントを掛けて打つ

フェイントをかける技は、
あまり打たない方も多いかもしれませんが、
これもれっきとした技なので、
積極的に使うべきです。
(ここで言うフェイントとは、
 崩れて横から打つようなフェイントではなく、
 面小手や担ぎ面などのことを指しています。)

例えば担ぎ面のようなモーションの大きいフェイント技は、
相手としても「打ってくる」と感じるので、
ガードに徹することが多いです。

試合の中の所々で入れることで、
試合の流れに緩急をつけていきましょう。

仕掛け技の打つタイミングを広げることで、
一本になる場面も増えてくるはずです。

是非取り組んでみてください!

Follow me!

コメント

  1. 永良 より:

    技の出し方が、未だままならず苦労しています。とても勉強にかります。

  2. […] ※詳しくは下記の記事にも書いております。 仕掛け技を打つべきタイミング […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました