大人になっても剣道にはかかり稽古が欠かせないと思う理由

剣道

大人になっても剣道にはかかり稽古が欠かせないと思う理由

どうも、もちおです。

今私は、わりといろいろな人と稽古をしています。

友人と稽古をしたり、
道場で稽古をしたりなどです。

特に一般の方と稽古をするときに感じるのが、
かかり稽古の重要性です

今回取り上げるかかり稽古についてなのですが、
これは、大人になってから剣道を始めた方には、
特にやっていただきたい稽古です。

1.なぜ一般の剣道にはかかり稽古が必要なのか?

良く、剣道は、
理合や気持ちの勝負だと思われている方がいます。

間違ってはいないのですが、
それは、瞬間的に、力強くスピードのある打突が前提での話です。

かかり稽古は、非常に体力を使う稽古で、
かつ、一瞬で自分の動きを判断しなければなりません。

一瞬の判断を繰り返すことで、
体に自然と覚え込ませることができる稽古です。

2.かかり稽古を行うときに意識すべきポイント

2-1.長すぎず短すぎない時間のインターバルで行う

1回のかかり稽古の長さが長すぎると、
だれてしまって逆に変な癖がついてしまいます。

適度な時間で複数回繰り返し、
インターバルで行いましょう。

2-2.残心をしっかりとる

とにかくがむしゃらに打つことに気持ちが向いてしまうと、
打ったあとにしっかり抜けることなく、
次の技に移ってしまうことがあります。

これでは実戦の中では役に立たない動きが身に付いてしまうので、
しっかり抜ける、しっかり下がることを意識してください。

2-3.同じ技ばかり打たせない(元だち)

かかり稽古はマンネリ化しがちで、
同じ技を繰り返し打ちがちになってしまいます。

しかし、それでは打てる技の幅が広がらないので、
元だちは、幅広くいろいろな技を打たせるよう心がけましょう。

体で覚えるということは重要です!

みなさん、是非取り組んでみてください!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました