剣道の試合で勝つためには、2段技3段技が重要という話

剣道

剣道の試合で勝つためには、2段技3段技が重要

どうも、もちおです。
今日は、剣道において、
2段技、3段技が重要だという話をしたいと思います。


多くの方が、技を出す時、
1本だけ打って終わってしまっているのではないでしょうか。

特に力が拮抗している相手同士では、
1本打ちだけではなかなか勝負がつきません。

1本で打ち終わるのではなく、
2本目、3本目を打つことで、
着実に1本を重ねていきましょう。

1.2段技はなぜ剣道において有効なのか?

なぜ2段技が有効なのか、
それにはいくつかの理由があります。

1-1.1本目の技につられて空きが出る

例えば「面→小手」の2段技の場合、
相手に面を見せることで、相手は面をかばいます。
そうすると手元が上がって、小手が空きますよね?

2段技は、1本目の技につられて、
他の打突部位が空いてしまうという効果があります。


つまり、「面→小手」や「小手→面」は有効ですが、
「小手→小手」などは簡単には当たりません。

「小手→小手」の場合、2本目の小手を1本にしないと行けないので、
試合の前半で小手→面を出しておき、
相手が小手→面の面を警戒して手元を上げるところを狙うべきですね。

1-2.1本避けた時点で動きが止まってしまう相手が多い

もう一つの理由は、1本避けた時点で、
動きが止まってしまう相手が多いことです。


例えば小手面の場合、
小手を避けて安心しきってしまう相手がいます。

そういう相手には、
小手→面に行くことで、
がら空きの面を打つことができますね。

2.仕掛け技→引き技の2段技も有効

仕掛け技→仕掛け技の2段技がオーソドックスですが、
仕掛け技→引き技の2段技も有効です。

理由は前述の通りのことと、
鍔迫り合いになった瞬間は、
気が抜けてしまう人が多いため、
相手の意表を突くことができます。

引き技を見据えた2段技も、
活用していきましょう。

2段技、3段技は試合にはとても有効な技です。
あの梅ケ谷選手は、技の大部分が2段技以上の技ですね。

是非2段技、3段技にチャレンジしてみてください!

Follow me!

コメント

  1. […] 以前書いたとおり、剣道において、二段技はとても有効です。※詳しくは、下記の記事を御覧ください。剣道の試合で勝つためには、2段技3段技が重要という話 […]

タイトルとURLをコピーしました