剣道のメンタル面/自信についての話

剣道

剣道のメンタル面/自信についての話

どうも、もちおです。

皆さんはメンタルつよいですか??

私はいまでこそ剣道でいろいろ鍛えられて、
わりとメンタルが強い方になりました笑

それでも結構苦手なこともありまして、
試合の前なんかは緊張します。

緊張は決して悪いものではないですが、
あまりにも緊張しすぎると逆効果です。

この緊張やプレッシャーを、
うまくコントロールできる人が優れたスポーツ選手かなと。
そしてスポーツ以外でも緊張のコントロールは役に立ちますね。

少し昔の話になるのですが、
私は団体戦の大将として出て、
相手に試合をひっくり返されて負けたことがありました。

その日の私はなんとなく調子が悪かったのですが、
調子が悪いと感じることの不安がさらにプレッシャーとなり、
相手に負けるかもしれないという弱気な気持ちがどこかにありました。

結果的に最悪な試合内容で負けてしまい、
当時2年生だった私は先輩の最後の試合を台無しにしてしまいました…。

そこからの1年間はとにかくメンタル面を強くするための稽古に励んだのですが、
これが大変効果的でした。

メンタル面の重要性を知ったのも、 このときからかなと思います。

当時私が取り組んでいたことを振り返りたいと思います。

考えつくことは全てやる

まず取り組んだのは、やれること全てに取り組むことですね。

こうしたら勝てたんじゃないかとか、
こうすればより上達するんじゃないかと、
思い付いたことを全てやりました。

できることはやっておかないと、
後から大丈夫かな?と不安になる可能性があるので、
それを潰しにいった形ですね。

これだけやったんだからと思えるくらい数をこなす

やはり基本はこれなのかなと思います。

当時私はもともと相当量の稽古を積んでいましたが、
自信をつけるために、さらに稽古量を増やしました。

絶対に相手よりこっちの方が稽古量が多いだろうと、
当時はそういえるくらいに自分を追い込んでいましたね。

だんだん、「これだけ稽古しているのだから、勝たないとわりに合わない」 とさえ感じるほどでした…!

数や量をこなすことは、少しずつではありますが、
着実に自信に繋がるので、
是非取り組んでいただきたいです。

しんどいこと/嫌なことに敢えて取り組む

しんどいことや嫌なことに取り組む前は、
緊張したりプレッシャーを感じたりしませんか??

敢えてそういう状況に身をおくようにしました。

そうすることで、少しでもプレッシャーというものに慣れるかなと。

試合の緊張と内容は違えど、
プレッシャーという点はおなじなので、
少しずつ動じなくなっていきましたね。

考え方をポジティブに変える

強い緊張やプレッシャーを感じるのは、
物事をネガティブにとらえていることも理由です。

ここで負けたらどうしよう、
と、感じることで、より自分のパフォーマンスにブレーキがかかります。

こういうときは発送を変えて、
よりポジティブな考え方をした方が良いかなと思います。

例えば、ここで負けたらどうしようではなく、
ここで勝てばヒーローだなと考えることですね。

そうすることで、極度の緊張やプレッシャーを避けることができます。

メンタル面というのは、
結局は自分の中の話です。

考え方や捉え方でガラッと変わるものなので、
時間があるときに考えてみることをおすすめします!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました