剣道の応じ技-面返し面-

剣道

剣道の応じ技-面返し面-

どうも、もちおです。

今日は、また、応じ技について書いていきたいと思います。

前回書いたのですが、相手が打ったあとは、
一本を取るチャンスになります。
相手が打った後/鍔迫り合いになった瞬間は試合が動くチャンス

中でも、今回紹介する面返し面は、
かなり一本を取りやすい技です。

練習さえすれば、比較的簡単に習得できますので、
是非取り組んでみてください。

1.面返し面の打ち方

相手が飛び込み面や、
相面を狙ってきたときがタイミングです。

相手の面打ちをしないでかばった後に、
左斜め後ろに下がりながら、
相手の右面を打ちます。

相手もそのまま前に出てくるので、
残心は後ろに下がりながら取りましょう。

2.どういう相手に有効か

面返し面は、当たりやすい相手と、
そうではない相手がいます。

技を出して、一本にならなかったときに、
その場で止まる相手に有効です。

面を打って当たらなかったときに、
そのまま抜けずに止まってゆっくり鍔迫り合いに入る人がいますよね?
そういう相手に有効です。

技を打って止まる相手は、
うち終わったあとに鍔迫り合いに入ろうとして、
あるいは胴をかばおうとして手元が下がるため、
面が空くためです。

逆に、技を打ったあとに、
まっすぐ抜けていく相手は、
打ったあとも手元が上がっており、
面が空かないため一本になりにくいです。

3.出小手や返し胴などと組み合わせることでより有効になる

前に書いた通り、面返し面のポイントは、
相手が技を出したあとに手元を下げさせることです。

出小手や返し胴を見せることで、
相手の意識が小手や胴に向き、
相手が打突のあとに手元を下げやすくなります。

試合の前半で出小手や返し胴を見せつつ、
後半で面返し面を仕掛けることでより一本にしやすくなるので、
是非試してみてください!!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました