剣道の仕掛け技-巻いて面-

剣道

剣道の仕掛け技-巻いて面-

どうも、もちおです。

今日は、昨日に引き続き、
剣道の技について書いていきたいと思います。

今日のテーマは、巻いて面です。

使う人は使っているかなと思うのですが、
この技、鍔迫り合いからの引き際に打つことが多い技でして、
鍔迫り合いはなんとなく下がってしまっている人も多いなと感じたので、
今回取り上げてみることにしました。

難易度が高い技ではないので、
是非取り組んでいただきたいです!

1.巻いて面の打ち方

まず、巻いて面の打ち方です。

竹刀の動きとしては、
相手の竹刀の裏から、表に向かって竹刀を1周回します。

このときに、相手の竹刀を巻き込むように回すことで、
相手の竹刀が中心から外れます。

相手の竹刀が中心から外れたところに、
面を打っていきます。

2.巻いて面を打つタイミング

巻いて面を打つタイミングは、
以下の2つのタイミングがおすすめです。

・相手と構えあっている状態
・鍔迫り合いから離れる途中

巻いて面は、相手の竹刀の、
より根本の部分を巻くことがコツです。

剣先ではこちらの巻きのちからが相手の竹刀に伝わらず、
竹刀が中心から外れないためです。

相手と構えあっている状態から打つときは、
構えたときに剣先が触れ合っているくらいの距離ですので、
大きめに一歩入りながら竹刀を巻いていきましょう。

鍔迫り合いから離れる途中で巻くときは、
そのときの間合いによって、
一歩入るか入らないかを調整してください。

3.巻いて面は相手が油断しているときに打つ

巻技は、相手の構えを強制的に崩すという点では、
払い技などと同じものですが、
崩してから打つまでに少々時間を要します。

そのため、相手が警戒している場面では、
比較的簡単に避けられてしまうので、
相手が油断しているポイントを狙うことが重要です。

特に、鍔迫り合いからわかれたときなどは、
何度か引き技を打たないままわかれると、
相手としても引き技は打ってこないだろうと、
油断し始めるときがあります。

そのようなタイミングを狙うことで、
相手の竹刀を中心から外したまま面を打つことができます。

巻技は、難易度は高くありませんが、
習得するまでに少し練習は必要とするものです。

技の練習などを通して、
是非習得していってみてください!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました