自分の剣道を客観視する必要がある理由

剣道

自分の剣道を客観視する必要がある理由

どうも、もちおです。

最近稽古をしていてふと思ったことなんですが、
自分の剣道の動きを客観視することって重要だなと。

鏡の前で構えることや素振りをすることはあっても、
基本打ちや地稽古は鏡をみながらというわけには行きません。

どうしても感覚に頼って稽古をしなければならないのですが、
それでは知らず識らずのうちに癖がついてしまうこともあります。

正しい剣道をするために、
自分を見ることは重要ですね!

1.自分の剣道を客観的に見る方法

まず、どうやって客観視するかということですが、
これは、動画を撮ることが一番良いと思います。

今は、強い選手の試合の動画や、
強豪チームの稽古風景の動画を簡単に見ることができるので、
自分の稽古の動画と見比べるのが良いでしょう。

そうすることで、自分が気づいていなかった癖や、
なぜ技が当たらないのかという理由が少しずつ見えてきます。

2.自分の剣道を動画で見ることのメリット

自分の剣道を動画で見ることには、
いくつかのメリットがあると考えています。

2-1.フォームチェックができる

1つ目のメリットは、
自分の剣道のフォームチェックができることです。

他のスポーツでは、
フォームチェックが重要視されていますが、
剣道の場合はなかなかありません。

やるとしても、構えや素振りくらいで、
打突のフォームチェックをしている方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

自分の打突を見ることで、
思ったよりも近間で打っていたり、
右手に力が入っていたり、
いらないタイミングで足を継いでしまっていたりすることに、
気づくことができます。

2-2.自分の攻撃パターンを知ることができる

2つ目のメリットは、
自分の攻撃のパターンを知ることができることです。

剣道は他のスポーツと違って、
試合の中で打っている技を、
すべてスコアリングしたりはしません。

知らず識らずのうちに、
同じ技に偏ってしまっていたりすることも、
多いものです。

自分の地稽古や試合の様子を第三者目線で見ることで、
似たような技を多く出しているな、
なんてことに気づくことができます。

剣道の稽古に取り組んでいるときと、
落ち着いて自分の剣道を見ているときでは、
感じるものも気づきも違います。

是非今後稽古の様子を動画に撮ってみてください!

Follow me!

コメント

  1. […] こういう場合は癖になってしまっている可能性が高いので、動画などで動きを見直すことをおすすめします。自分の剣道を客観視する必要がある理由 […]

  2. […] 稽古を動画に撮るなどして、より深く振り返りましょう!自分の剣道を客観視する必要がある理由 […]

タイトルとURLをコピーしました