小手面の稽古方法のポイントについて

剣道 剣道
剣道

どうも、もちおです。

以前二段技の重要性について書きましたが、
今回は、その二段技の中でも最もメジャーな、
小手面について書きたいと思います。

以前書いたとおり、
剣道において、二段技はとても有効です。
※詳しくは、下記の記事を御覧ください。
剣道の試合で勝つためには、2段技3段技が重要という話

小手面は、基本稽古の中では取り入られているわりに、
試合では使えない方も多いのではないでしょうか。

小手面は仕掛け技としても、
応じ技としても使用できます。
※応じ技については、下記の記事を御覧ください。
剣道の応じ技(出頭)-相小手面-

習得できるように、
一緒に取り組んでいきましょう!

1.小手面のポイント-小手と面をそれぞれ一本にするように打つ-

小手面で重要なのは速さではありません。

小手面は、小手を避けて止まっている相手の、
空いている状態の面を打つからこそ効果があるものなので、
スピード自体はそこまで重要ではないのです。

では、何が重要になるかと言うと、
打突の力です。

小手面はよく、両足飛びで、
流れるように打つ方がいますが、
それでは打突に力が入りません。

重要なのは、小手と面、
どちらも単独で一本になるほどの力で打つことです。

ポイントは下記のとおりです。
①飛び込み小手を決めるつもりで小手に行く
②そのまま飛び込み綿を打ちに行く

このように、小手と面の間は一テンポ空いても良いので、
飛び込み小手→飛び込み面のイメージで、
一本ずつ打つことが重要です。

2.仕掛け技の小手面のポイント

小手面は、当たりやすい相手と、
当たりにくい相手がいます。

どういう相手に当たりやすいかというと、
構えを崩さないタイプの相手に当たりやすいです。

構えを崩さない相手は、
こちらが打っていってもかばうことをしないので、
小手を打っても面も小手もかばうことをせず、
その後の面が当たりやすいです。

逆に言うと、仕掛けるたびに面をかばうタイプの相手には、
なかなか当たらないので、他の攻め方を心がけましょう。

応じ技としても、仕掛け技としても、
小手面はとても有効な技です。

是非習得していきましょう!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました