剣道の応じ技-小手返し面のコツ-

剣道

剣道の応じ技-小手返し面のコツ-

どうも、もちおです。

今日は、私が得意としている、
小手返し面について書きたいと思います。

試合の中で最も打つのは小手が多いのではないですかね??

それだけ応じるタイミングが多いため、
小手に対する応じ技は覚えておいた方がよいです!

そして、小手は面と違って、
比較的低リスクで打てる技です。
(打ったあとに避けることができるため。)

つまり、小手に対する応じ技は、
そんなに簡単に一本にできません。

複数の小手に対する応じ技を習得して、
様々な角度から相手を追い詰めることが重要ですね!

1.小手返し面の打ち方

まず、小手返し面の打ち方です。

相手の小手を、竹刀を右横に倒して開くようにして避け、
そのまま面を打ちます。

このときのポイントは2つあります。

1-1.小手返し面の打ち方のポイント①小手は小さく避ける

良く、面までかばうように大きく避けて、
三点避けで避ける人がいますが、
これはあまり良くありません。

大きく避けすぎるとそれだけ時間がかかり、
先に小手を打たれるリスクがあることと、
三点避けをすると逆胴を打たれるリスクもあります。

また、避けてから面にいくまでにも時間がかかってしまいます。

1-2.小手返し面の打ち方のポイント②面は上から打つ

竹刀が横に開いているからといって、
そのまま横から打つと、
刃筋正しくないうちとなってしまうので、
当たりが軽くなったり、狙ったところに当たらなかったりします。

避けるときは竹刀を開きますが、
打つときは上から面を打つように意識してください。

2.小手返し面のタイミング

小手返し面を打つときに最も重要なのが、
打つタイミングです。

タイミングは、「相手が出小手を狙っているとき」です。

以前相小手面について書いたときも書きましたが、
小手は届くまでのスピードが速いため、
待っていると先に打たれてしまいます。
※相小手面に関してはこちら

そのため、相手の小手を誘い込んで、
小手に来るであろうタイミングではすでに、
手返し面を仕掛け始めている必要があります。

そして、最も小手を打っても引き出しやすいのは、
相手が出小手を狙っているときときです。

以下のような手順で誘い出しましょう。

2-1.相手の攻撃パターンを読む

以前返し胴の時に少し書きましたが、
今回は他の攻撃パターンについて書きます。
※返し胴についてはこちら

仕掛け技→応じ技→仕掛け技と、
仕掛け技と応じ技を、
交互に技を出してくる人はとても多いです。

今回は出小手を誘いたいので、
相手が仕掛け技を打った後に仕掛ける方が、
小手に出てくる可能性が高いでしょう。

2-2.少し大きめにゆっくり一歩はいる

相手が応じ技を打てる体勢を作れていたら、
ゆっくり少し大きめに一本間合いをつめましょう。

このとき相手は、
面にくるもの思って出小手をねらいにいきます。

ここが小手返し面のタイミングです。

ポイントは、相手が打てる状態で入ることと、
あまり近すぎない間合いで一歩入ることです。

あまりにも間合いが近いと、
小手を先に打たれたり、
読みが外れて相手が面に来たときに、
打たれてしまうので気を付けてください。

3.残心の取り方

小手返し面は、前にも後ろにも残心が取れます。
小手を打ってその場で止まるタイプの相手には前に出て、
小手を打って詰めてくるタイプの相手には下がりながら残心をとることがおすすめです。

試合の中で相手の打った後のくせをみて、
使い分けられるよう意識してみてください!

幅広く相手に応じていけるよう、
是非習得していきましょう!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました