実践で一本にしやすい技-払い小手-

剣道

実践で一本にしやすい技-払い小手-

どうも、もちおです。

今日は、私が良く使う技の中で、
おすすめな技である払い小手について書いていきます。

小手で言うと、普通の小手を打つことが多いと思いますが、
所々でこういった払い技等をいれることで、
より一本になるチャンスが広がります!

コツや、どういう相手に有効か、
まとめていきます。

1.払い小手の打ち方

打ち方はかなりシンプルです。

構えている状態から、
相手の竹刀の裏下に自分の竹刀を一瞬下げて、
裏から表に向かって竹刀をはじきます。
(自分から見て、相手の竹刀を左から右にはじきます。)

そうすると相手の竹刀が中心から外れ、
一瞬相手の小手が空きますので、
そこにすかさず飛び込み小手を打ちます。

払い小手のコツは以下の通りです。

①両方の手首を使いスナップを効かせて払う
②できるだけ相手の竹刀の手元側を払う

①についてですが、なるべくコンパクトに払ってください。
あまり大きく払ってしまうと、
自分の竹刀も中心から外れて、
次の小手にスムーズに移れません。

②については、相手の竹刀の先だと、
相手の手元に払った力が伝わらず、
小手が空きません。

意識して相手の手元辺りを払いましょう。

2.払い小手を打つタイミング

払い小手にはリスクもあります。

それは、相手が打ってくるタイミングで払おうとすると、
払ったはずの竹刀をすかしてしまって、
抜き面のような形で相手から打たれてしまうことです。

つまり、必ず相手が打ってこないタイミングで打つことが重要です。

相手が打ってこないであろうタイミングを、
しっかりと見極めてい打ちましょう。

3.払い小手が当たりやすい相手と当たりにくい相手

払い小手は、当てやすい相手と、
そうでない相手がいます。

まず、当てやすい相手についてですが、
構えたときに剣線が高い相手には打ちやすいです。

裏から表に向かって払うときに、
比較的簡単に竹刀に当てることができるからです。

逆に、剣線が低い相手には打つことが難しいです。

剣線低いと、払ったときにすかしてしまう可能性があるためです。

構えが崩れないタイプの相手にも当てやすいです。

構えが崩れないタイプの相手は、
手元が上がらないので、小手の位置がずれません。

そのため、払ったときにも反応せず、
小手が空いたままになりやすいです。

このように払い小手は、
相手のタイプによって効く効かないがわかれます。

相手のタイプによって使い分けてみてください!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました