小手は剣道で最も有効な技だと思う話

小手 剣道
小手

どうも、もちおです。

剣道をなさっている皆さんにお伺いしますが、
皆さんは「小手」は得意ですか?

僕は得意です。
小手が自分の中では一番の得意技でして、
仕掛け技の小手や出小手など、
いろいろな小手を良く打ちます。

ふと、一言に小手打ちといっても、
様々な撃ち方があるなと感じたので、
まとめてみようと思います。

良く剣道の基本は面だという人がいますが、
剣道の中で最も中心となっているのは、
小手だと言っても過言ではないのではないかと思っています。

1.小手は剣道に最も欠かせない技?

はてな

私が思うに、小手は剣道の試合に勝つためには、
一番始めに習得すべき技です。

理由は以下の通りです。
・面を決めるためのアシストになるから
→小手を警戒するから相手の面が空きます。
・応じ技を打たれにくく、低リスクで打てる技だから
→小手は面とちがって、
 打ったあとにしっかり避ければ、
 応じ技を打たれにくいです。

2.剣道の試合で勝つための小手打ち

2-1.上からの小手打ち

まず一つ目は、相手の竹刀を上から越えて打つ小手です。
一番基本の小手打ちですね。

打ったときに打突に力が伝わりやすいことがメリットです。

相手が打とうとして、
手元をまっすぐ上げたときに入りやすいです。

2-2.下からの小手打ち

二つ目は、相手の竹刀の下からの小手打ちです。

はじめから自分の剣先を、
相手の剣先よりも少し下げて打ち間に入り、
下からまっすぐに相手の小手を打ちます。

(相手と同じ剣先の高さで構えて、
剣先は相手の竹刀の下を回すようにして打つと、
打ち遅れてしまうので気をつけてください。)

下からの小手う打ちは、
竹刀を振りあげる必要がなく、
刺すように相手の小手を打てるので、
スピードの速い打ちになります。

間合いが近い時に有効な打ち方です。
また、上からの小手と同様に、出小手にも使えます。

2-3.横からの小手打ち

三つ目は、横からの小手打ちです。

竹刀の軌道を、地面に対して水平ぎみに打ちます。

横からの小手は、相手が面をかばおうとしたときに有効です。

面をかばうと、相手の小手は横を向きます。
地面に対して水平ぎみに打つことで、
横になった小手に垂直に打つことができます。

横からの小手は、
振り上げ振り下ろしに時間がかかるので、
相打ちになると弱いです。

相手が避けるであろうタイミングを、
見極めて打ってください。

小手打ちと言えど、これだけの打ち方があります!
是非使い分けて、1本に繋げてください!

Follow me!

コメント

  1. […] 1つ目の技は、横からの小手です。横からの小手の詳しい打ち方は、以前記事に書きましたので、こちらを参照ください。小手は剣道で最も有効な技だと思う話 […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました