切り返しは剣道の中で最も効果的な稽古の一つ

剣道

切り返しは剣道の中で最も効果的な稽古の一つ

どうも、もちおです。

今日は、稽古メニューの中でも、
特にメジャーな稽古である、
切り返し」についてまとめたいと思います。

切り返しは稽古の始めにやることが多く、
準備運動代わりになってしまっている場合を良く目にします。

ただ、これは非常にもったいないです!

切り返しには、剣道に必要な要素が多く、
それらを意識するだけでも効果は大きく変わってきます。

切り返しで意識すべき点と、
その稽古方法についてまとめます。

1.切り返しのメリット

切り返しにはいくつかのメリットがあります。

1-1.手首の返しと表裏の打突が身に付く

試合の中で、
単にまっすぐ打ち込んで一本になることはまれです。

面ひとつにしても、
表と裏を打ち分けますし、
小手面の面は通常の面と、
竹刀の出所が違うのでコツがいります。

切り返しは、そういった表裏の打ち分けや、
それに伴う手首の返しを効果的に習得できます。

良く、相手の面のほぼ真ん中を打っている人がいますが、
切り返しは手首を返し、
相手の面の面紐辺りを、
大きく横から打つイメージで打ちましょう。

そうすることで、
手首を返すことを習得できます。

1-2.打突の瞬発力が身に付く

切り返しは、瞬発力、
つまりは速い打ちに繋がります。

特に素早く連続して打つ切り返しは、
瞬発力に繋がる筋肉の、
速筋を鍛えることに繋がり、
実戦での打突のスピードが上がります。

この時意識することは、
とにかく速く竹刀を振るということです

ただし、崩れた形で振ってしまうと、
その形の時に有効な速筋しか鍛えられず、
実戦にもいかされません。

必ず正しい形でスピードを意識するようにしましょう。

1-3.筋持久力が身に付く

筋持久力とは、
同じ動作を何度も続けるための力です。

実は筋肉は、スピードを出すための筋肉と、
同じ事を何度も繰り返すことのできる筋肉では種類が違います。

竹刀を何回も振っていると、
だんだん疲れてきますよね?
筋持久力がある人の方が、
本数多く振っても疲れにくいです。

切り返しは何本も打突を繰り返すため、
だんだん竹刀を振っても疲れなくなります。
(息が切れるような疲れとは別です。)

筋持久力を鍛えたい場合、
本数が多い切り返しが効果的です。

30本切り返しなどですね。

2.切り返しの稽古メニュー

私は普段、下記のような稽古メニューに取り組んでいます。

2-1.直接の切り返し

相手の面を直接打つ切り返しです。

以下の2点を意識します。
・相手の面紐辺りを狙うことで、左右の打ち分けを意識する。
・面に当たる瞬間に手首を意識し、しっかりとした強い打ちを心がける。

これを×3回ほど行います。

2-2.受けながらの切り返し

切り返しの面を竹刀で受ける切り返しです。

このときは以下の2点を意識します。
・相手の面紐辺りを狙うことで、左右の打ち分けを意識する。
・できるだけ速く打つことを意識する。

これを×3セット行います。

2-3.胴の切り返し

通常の切り返しと同様に、
左右の胴を打つ切り返しです。

胴は抜き胴など、
手だけ出はなく体の動きも伴うものが多く、
正確な手の内を習得していないと、
試合の中で一本にすることができません。

胴の切り返しを通して、
左右の胴を、正確に捉える稽古をしておきましょう。

通常の切り返しと同様に、
前後に動きながら左右の胴を打ちます。

このときは下記の2点を意識します。
・しっかりと音がなるように胴を打つ。
・抜き胴や引き胴を決めるつもりで打つ。

これを×3セット行います。

切り返しのメニューは以上です。

ポイントを意識しながら切り返しを行い、
自分の剣道に役立てていってください!

Follow me!

コメント

  1. […] 詳しくは、以前の記事に書いておりますので、是非読んでみてください。切り返しは剣道の中で最も効果的な稽古の一つ […]

タイトルとURLをコピーしました