剣道の稽古の考え方~技編~

剣道

剣道の稽古はどうあるべきか~技~

どうも、もちおです。
今日は、剣道の稽古についてお話ししたいと思います。

剣道は、切り返しやかかり稽古など、
いくつか一般的な稽古法があるので、
道場によってもそこまで稽古内容に差が出なかったり、
同じような稽古を繰り返してしまうことも多いように思います。

しかし、同じ稽古を繰り返していても、
なかなか上達には繋がりません。

1.稽古では技のバリエーションが大切

最も大切なのは、
出来ないことをできるようにすることだと思います。

やってしまいがちなのが、
すでに打てる技を何度も稽古すること。

すでに打てる技は調整程度にして、
打てない技の研究をしていく方が良いです。

そうすることで、
試合で幅広い相手にたいして1本を取ることができます。

2.技は「打てない→打てる→使える」の順で習得する

打ったことのない技は、
技の稽古の中で試してもなかなか打てません。
タイミングがずれたり、
当たりが軽かったりしがちです。

まずは、技の稽古の中で、
相手と合わせながら打てるようにすることが大切です。


技の稽古はあくまで相手と申し合わせているので、
打ちやすい状況です。

つぎに、地稽古や試合稽古で、
実際に技を使ってみて、
実践の中で打てるようにならなければなりません。

使えない技をどれだけ習得できるかに、
是非取り組んでみてください!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました