構えが崩れない相手に対する対処法

剣道

構えが崩れない相手に対する対処法

どうも、もちおです。

構えが全く崩れない相手っていませんか??
こっちとしては手元が上がったところを狙っているのに、
全然反応しないし手元も上がらないような相手。

なかなか1本とれませんよね…。

今回は、そういう相手に有効な技をまとめます!

ここで紹介する担ぎ面や突きは、
わりと実践では使ったことがない方も、
多いのではないでしょうか??

稽古さえ積めばそこまで難しい技ではないので、
是非試してみてください!

1.二段技

崩れない相手は手元を上げて避けようとせず、
竹刀でおさえて避けるか、
足で距離を取って避けてくることが多いです。

そこで有効なのが、二段技です。

例えば、小手面などですね。

小手を打っても相手は手元をあげず、
一本下がって避けるだけです。

相手は面をかばっていないかつ、
こちらは小手を打ってある程度間合いに入っているので、
そのまま面にいくことで一本に繋がります。

2.担ぎ面

二段技と同じ理屈で良く当たるのが、
担ぎ面です。

あまり使う方を見かけないのですが、
私は構えを崩さないタイプの相手に、
良く担ぎ面で一本を取ります。

ポイントは、担ぎながら大きめに一本入ることです。
先程と同様、構えを崩さないタイプの相手は、
足を使って避けることが多いです。

こちらが担ぎながら間合いにはいると、
相手は後ろに下がって避けようとしますので、
相手が下がることを見越して、
担ぎながら大きめに間合いを詰めておくことをお勧めします。

※一つ注意点なのですが、
担ぎ面は、相面を打たれると一本をとられてしまいます。
必ず相手が打ってこないタイミングで打ちましょう。

3.払い技・巻き技

構えを崩さないタイプの相手は、
面や小手を都度かばおうとする意識が低いです。

なので、竹刀を払ったり、巻いたりして、
あるべきところに竹刀がなくなると、
面や小手ががら空きになるケースが多いです。

裏からの払い小手や、表からの払い面、
裏から相手の竹刀を巻いて面などは、
比較的良く当たる技です。

4.突き

4つ目は、突きです。

どっしり構えている相手は、
あまり動かないため、的になる突きの位置がずれにくく、
正確に当てやすいことが多いです。

こちらが打つそぶりを見せても、
真ん中で構えていることが多いので、
焦らずゆっくりでよいので、
正確に突くことがポイントです。

また、この突きは一本をとれなくても、
また突きに来ることを警戒して、
相手がとたんに崩れやすくなることもあります。

そうなるとこちらが有利なペースになりますので、
試合の主導権を握るという意味でも、
突きは有効な技ですね。

5.素早く間合いを詰めた後に仕掛け技

構えが崩れないタイプの相手は、
足で技を避けようとするため、
間合いを詰められてしまうと不利な状況になります。

相手がまだ打つ準備ができていない、
少し遠間の状況から、素早く2~3歩間合いを詰めると、
相手は反応が遅れて下がりきれず、
近間のこちらが有利な状況ができます。

そこから面や小手などの仕掛け技を打ちます。

ここまで5つの技を紹介してきましたが、
総じてのポイントは、
相手が打ってこないであろうタイミングを狙うことです。

構えが崩れない相手は、
中心に構えているために、
応じ技を打ちやすい状況にあります。

相手の応じ技の準備が整っているときに打ってしまうと、
返し技を打たれてしまうリスクもあるので、
注意してください。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました