返し胴のコツ-剣道の応じ技-

剣道

返し胴のコツ-剣道の応じ技-

どうも、もちおです。

今日は、返し胴についてまとめてみようと思います。

胴技は、使えるようになると、
1本を取れる確率がぐっとあがります。

ただ、面や小手とは少し打ち方が違うので、
習得が少し難しい技でもあります。

今回は、特に返し胴をまだ打てない人向けに、
打ち方のコツやタイミングについてまとめていきます。

1.返し胴のコツ

返し胴がうまくいかない理由として良くあるのが、
以下のようなものです。
・打った胴が外れる、当たらない
・打った後に詰まってうまく抜けられない

この辺りを解決するには、
ちょっとしたコツがあるので紹介していきます。

1-1.その場で胴を打つイメージで打つ

「打った胴が外れる、当たらない」という方は、
足を大きく出しすぎているということが多いです。

返し胴は横に抜けるイメージが強いので、
足を横に大きく出す方が多いですが、
これでは体ごと横を向いてしまって、
胴の位置を把握できません。

なので、その場で胴を打つイメージで打ってください。
足は半歩~1歩分右斜め前に出すだけで十分です。

1-2.打つ瞬間に左手を下に落とすと抜きやすい

「打った後に詰まってうまく抜けられない」という方は、
前に向かって竹刀を抜こうとしているとこが多いです。

そうすることで、
まっすぐな体のまま胴を打つことができ、
外れることも少なくなります。

相手はこちらに向かって進んでくるので、
前に向かって竹刀を抜こうとすると、
ぶつかり合って詰まってしまいます。

なので、ポイントとしては、
打った後に竹刀は下から抜くイメージです。

具体的なポイントとしては、
胴を打った瞬間に、左手を下にぐっと下げることです。

この2つのポイントを押さえれば、
だんだん返し胴を打てるようになると思います。

そうすることで、竹刀の軌道が下に向かうので、
距離が詰まっていても簡単に抜けることができます。

2.返し胴を打つタイミング

返し胴を打てるようになったあとは、
使えるようにならなければいけません。

実戦の中では、打つタイミングが重要です。

2-1.相手の攻撃パターンを読む

試合の中で面を打ってくる相手は、
複数回面を打ってきます。

特に、連続して飛び込み面を打ってくる相手は少ないので、
小手やその他の技を打った次の技が面であることが多いです。

相手がそろそろ面に出そうだと感じたら、
小手やその他の技が出た後に、
面を誘い込んで胴を返しましょう。

胴技は試合の流れを大きく変えることができる技です。

是非習得して使っていきましょう!

Follow me!

コメント

  1. […] 以前返し胴の時に少し書きましたが、今回は他の攻撃パターンについて書きます。※返し胴についてはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました