いつ打っていくべきなのか?-剣道の打つべきタイミングとは-

剣道

剣道の打つべきタイミングとは

どうも、もちおです。

剣道の中で最も難しいテーマのひとつが、
どのタイミングで打つかということではないでしょうか?

多くの人がなんとなく相手と構えあって、
なんとなくここかなというタイミングで打つという剣道をしている気がします。

こういう剣道の人が多いですよね。

ただ、自分がどういうタイミングで打っているのか、
明確にわかっていないと、反省ができず、次の稽古にいかせません。

今回は代表的な打つべきタイミングを挙げていきます!

1.剣道で打つべき代表的なタイミング

剣道においての打つべきタイミングは、
細分化すればきりがありませんが、
大まかに下記のタイミングです。

・相手が打たない(打てない)タイミング
・出頭
・相手が避けたところ(崩れたところ)

まずは試合や地稽古の中で、
上の3つのタイミングが来たら逃さず打っていきましょう。

はじめのうちはなかなか打てないことも多いですが、
意識することでチャンスのタイミングを逃さなくなり、
より一本が取れる剣道になります。

1-1.相手が打たない(打てない)タイミング

相手が打ってこない可能性が高いときは、
仕掛け技のチャンスです。

ポイントは、本当に相手が打ってこないかどうかを、
しっかり見極めることです。

竹刀を払ったり、少し間合いを詰めたりしても、
反応がなかった場合は応じ技を狙っていません。

そういうタイミングは積極的に仕掛け技を出していきましょう。

※詳しくは下記の記事にも書いております。
 仕掛け技を打つべきタイミング

1-2.出頭

出頭も積極的に打つべきタイミングです。

技を出してこない相手というのはいないため、
どの試合にも必ず出頭のチャンスはあります。

出頭のコツは、相手が打ってくるであろう瞬間を狙って打つことです。

相手が打ってくるタイミングではありません。
そのタイミングだと打ち遅れてしまうので、
相手を誘いつつ、打ってくるかなと感じたら、
こちらから打っていきましょう。

1-3.相手が避けたところ(崩れたところ)

相手が避けたり崩れたりしたときも、
打つべきタイミングです。

崩れた状態からは打ってきにくいことと、
打ったとしても審判の旗が上がりにくいため、
こちらが圧倒的有利な立場になります。

相手が防戦一方になったり、
とっさに体勢を崩したりしたときには、
畳み掛けるように技を出しましょう。

打つべきタイミングだったかどうかは、
感覚だけでは分かりにくいので、
できれば客観的に見ることをおすすめします。

稽古を動画に撮るなどして、
より深く振り返りましょう!
自分の剣道を客観視する必要がある理由

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました