剣道の引き技は重要だと思う話②

剣道

剣道の引き技は重要だと思う話②

どうも、もちおです。

今回は、前回の続きで、
引き技について書いていきたいと思います。

前回の記事では、引き技の重要性やタイミングについて書きましたが、
今回は、引き技のコツについてまとめていきます!
(前回の記事:剣道の引き技は重要だと思う話①

1.剣道の引き技のコツ

引き技自体を、技の練習でも、
なかなかきれいに打てないという方も多いのではないでしょうか?

引き技は、引き技を打つコツと、
実戦の中で引き技を打てる状態を作るコツがあります。

2.引き技を打つコツ

まずは、引き技を打つコツについてです。

2-1.竹刀の中結いあたりで打つ

引き技は仕掛けわざと異なり、
打つときに竹刀をコンパクトに振る必要があるため、
あたりが軽くなってしまうことも多々あります。

また、相手との距離も近いため、
剣先で打とうとすると、
軽い当たりになってしまったり、
打つ瞬間にうまく距離を取れず、
タイミングが合わなかったりします。

イメージとしては、
竹刀の中結いの部分で、
相手の打突部位を強く打つことです。

そうすることで、比較的近い距離で、
安定したしっかりとした打突ができます。

2-2.鍔迫り合いのときに手と胸の距離を広く取る

鍔迫り合いのときに、
両手と胸の間の距離に余裕を持ってください。

ここがあまりにも狭くなっていると、
相手との距離が近くなりすぎてしまい、
打ったときに竹刀の根本に当たってしまいます。

鍔迫り合いの時点で、
自分の懐を広く保つことで、
打ったときに竹刀の適切な位置で打突できます。

2-3.打つ直前には距離を取る+後傾姿勢になる

引き技は、完全に相手とひっついている状態からは、
大変打ちにくいです。

ポイントとしては、
打つ前には相手の鍔と自分の鍔との間に少し隙間を空けましょう。

また、人間は後ろに素早く下がるときには、
直前に体を後傾姿勢にする必要があります。

引き技も同様です。
打つ直前に、少し後傾姿勢を意識するだけで、
後傾姿勢→引き技という流れを、
いきなり引き技から打つことができるので、
相手にとっては急に引き技を打たれているように感じます。

打つ直前に距離を取ること、
後傾姿勢を意識すること、
この2つを意識してみてください!

3.実戦の中で引き技を打つためのコツ

続いて、実戦で引き技を打つためのコツです。

3-1.足を使って動きつつ相手との間に距離をつくる

先程の、引き技を打つためのコツでも書いたように、
引き技を打つときには、
若干相手との間に距離を開ける必要があります。

急に距離を空けようとすると、
相手も警戒するため、
鍔迫り合い中は、
足を使って瞬間的に複数回相手との間に距離を作りましょう。

その中のいずれかのタイミングで、
引き技を仕掛けていくイメージです。

3-2.鍔迫り合いから別れるタイミングで打つ

前回の記事でも書いたとおり、
鍔迫り合いからの別れ際というのは、
引き技の絶好のタイミングです。

自然と距離を開けることができるので、
はじめのうちはこのタイミングの方が、
引き技は打ちやすいかもしれません。

引き技は試合の流れを大きく変える可能性もあるため、
是非習得していきましょう!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました