つばぜり合いからの引き技-引き逆胴-

剣道

つばぜり合いからの引き技-引き逆胴-

今日は、つばぜり合いからの引き技についてです。
特に、一般になるとお互い引き技は出さないことが多くなる気がします。

しかし、引き際も剣道の打つべき機会の一つです。
引き際からも一本を狙いにいくことで、
試合に勝つ確率は高くなります。


引き技について、具体的な話をしていきましょう。

1.多くの相手は引き面や引き胴を警戒する

つばぜり合いの時、
多くの相手は引き面か引き胴を警戒します。
それだけ引き面、引き胴が、
引き技の中ではオーソドックスな技だからです。

引き逆胴は、オーソドックスではないからこそ、
相手の意表を突き、決まりやすい技なんです。

2.引き逆胴の打ち方

具体的な引き逆胴の打ち方を解説します。

1.つばぜり合いの中で、逆交差のつばぜり合いを行います。
※逆交差は、あまり長い時間やっていると反則をとられます。
 引き逆胴を狙う前だけなど、
 短い時間の中で行いましょう。

2.竹刀を、天井に向かって半時計回りに円を描くように、
 大きく回しながら、その勢いで相手の逆胴を打ちます。

3.引き逆胴のポイント

引き逆胴のポイントは、
打つときに大きく振りかぶることです。

そうすることで、相手は引き面を打たれることを警戒して、
思い切り面をかばうはずです。

結果的に、逆胴が大きく空くことになります。

引き逆胴は、
トリッキーな技に思えますが、
警視庁の内村選手など、強豪選手も使われる技です。
是非技のバリエーションの中に加えてみてください!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました