剣道においてフェイントは決して悪いものではないという話

剣道

剣道においてフェイントは決して悪いものではないという話

どうも、もちおです。

皆さんはフェイント技を使われますか?

フェイントという言い方をすると、
ちょっとイメージが悪いですが、
相手を引っ掛けるような技ですね。

しかし、小手面のような二段技も、
ある意味小手を見せておいての面を狙っているわけで、
フェイントわざと親しいものです。

今日は、よく私が使用して効果があると感じている、
フェイント技を紹介したいと思います!

1.担ぎ面

1つ目は担ぎ面です。

あまり使っている人を見ませんが、
これが結構効果があります。

構えた状態から、竹刀を左肩に大きく担ぎながら、
大きく一歩入ります。

その流れのまま面を打ちます。

担ぎ面のコツは、以下の2つです。
・構えが崩れないタイプの相手に対して打つ
・相手が打ってこないタイミングで打つ

担ぎ面は、相手が手元を上げて面をかばわない限りは当たりますので、
試合の中盤あたりで打つことをおすすめします。

2.小手胴

次に紹介するのは、小手胴です。

小手面と同じリズムで、
小手→胴を打ちます。

小手胴は、手元がよく上がるタイプの相手に効きます。

試合の前半で小手面を見せておいて、
試合の中盤以降で小手胴を打つことで、
相手の意識が面に行き、手元が上がりやすくなります。

小手→胴の動きがあまり安定せず、
スムーズに打てない場合は、
胴を打つときに左手を右手につけるようにして、
両手で胴を打つと安定します。

そうすることで、力も入りますので、
是非試してみてください。

3.突き面

次に、突き面です。

突き面もあまり打っている方を見かけませんが、
とても効果のある技です。

打ち方はそのままで、
突き→面に打っていきます。

突きはしっかり付く必要はなく、
相手の喉元を軽く突く程度で大丈夫です。

手元を上げないタイプの相手は、
突きに来られたときにこちらの竹刀を抑えて避けようとするため、
竹刀が中心からずれたところに面が当たります。

一方で、手元を上げて避けるタイプの相手は、
突かれることでガードしていた手元が下がるので、
面が空き、面が当たります。

スピーディーに打つ必要はないので、
落ち着いて打つことが重要です。

4.胴面(引き技)

今度は引き技ですが、胴面です。

これは割と打っている方も多いのではないでしょうか。

引き技は、打たれる瞬間に間合いを詰める以外は、
手で避けるしかありません。

それだけ鍔迫り合いは手元が大きく動きやすい場面です。

大きく胴を打つ動作を見せることで、
相手の手元は下がるので、
そこで空いた面をしっかり打ちましょう。

4つのフェイント技を紹介させていただきました!

皆さん、是非試してみてください!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました