剣道の出鼻技(出頭)-出小手-

情報

剣道の出鼻技(出頭)-出小手-

どうも、もちおです。

今日は、剣道の出鼻技(出頭)というテーマでお話をしたいと思います。

出鼻技は応じ技と言われ、
相手が打ってくるつ力を利用して打つ技です。

その中でも最も代表的な技が、
「出小手」ですね。

試合の中でもよく1本になる技ですし、
抑えておきたい技です!

1.出小手を打つべきタイミング

出小手は応じ技であるため、
相手が打ってくる瞬間を狙う必要があります。

最も重要な打つべきタイミングですが、
「相手が打ってきそうなところ(まだ打ち始めていない時)」
を狙うことが重要です。

ありがちなのが、相手が面を打ち始めた瞬間を打つというもの。
ただ、相手が打ってくるときまで待ってしまうと、
出小手が外れるか、悪いときは相手の面が先にあたってしまいます。

人間は、前に向かって技を出そうとする時、
必ず直前で少し前傾姿勢になるそうです。

相手が打ち始める前に、
打ってきそうな気配を感じたら、
思い切って小手を打ち抜きましょう。

2.応じ技の前の誘い方

応じ技を打つときに最も重要なポイントは、
打つ前の誘いです。

そして、誘いのポイントは、
自分が打てる体勢で、相手が打てる距離まで間合いを詰めること、
だと思っています。

相手はどういうタイミングで打ってくるかというと、
自分が打てると思ったタイミングです。
ここが自分の間合いだなと感じると、
タイミングを見て打ってきます。

そこを逆手に取る必要があります。
左足を張って、いつでも自分が打てる状態を作り、
相手に打たせる間合いまで入ることで、
相手が入ったときに応じることができます。

3.応じ技を打つときの自分の準備

応じ技を打つ自分がどういう体勢でいればよいのかということですが、
これにもポイントがあります。

それは、下記の2つです。

・構えた時点で少し前傾姿勢であること

前に書いたとおり、人は技を出す時、
必ず前傾姿勢にならないを前に出れません。

先に少し全景の姿勢になっていることで、
打つ直前に前傾姿勢を作る必要がなく、
相手に打つタイミングを見えにくくすることができます。

・左足に体重を乗せておくこと

左足で蹴り出すので、左足に体重を乗せて置かなければ、
とっさに前に飛び込むことができません。
(右足に体重が乗っていると、右足を上げられません…。)

できるだけ常に左足に体重を乗せておくことで、
いつでも技を打設体勢にすることができます。

出小手のポイントは以上です。
是非自分のものにしてみてください!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました