相手が打った後/鍔迫り合いになった瞬間は試合が動くチャンス

剣道

相手が打った後/鍔迫り合いになった瞬間は試合が動くチャンス

どうも、もちおです。

皆さんは、剣道の試合中に、
何を考えていますか?

相手を攻め崩すことや、
相手の出頭を見極めることなどでしょうか。

これも正解なのですが、
相手の気が抜けた瞬間を見極めることも重要です。

そして、相手の気が抜ける瞬間とは、
いくつかのパターンに分けることができます。

今回は、打つべき機会について、
書いていきたいなと思います。

1.どういうときに相手の気が抜けるのか

相手の気が抜ける瞬間は、いくつかあります。

1-1.打った後

まずは、打った後です。

一通り打ち終わった後には、
残心を取ることに気を取られていたり、
次の動作が相手の中で決まっておらず、
体が固まってしまうことがよくあります。

相打ちになった後などは、
お互いに手足が止まりがちですが、
打突の機会を逃しており大変もったいないです。

相手が打った後、
相打ちになった後は、
もう一本技を出すつもりで準備しておきましょう。

1-2.鍔迫り合いになった瞬間

なにか技を出して、
あるいはお互いにガードしあって鍔迫り合いになることがありますよね?

この鍔迫り合いになった瞬間は、
相手の気が抜けていることが多いです。

何も打たずに鍔迫り合いに入るように見せて、
急に引き技を打つことで、
相手が驚き体勢が崩れやすくなります。

打たない雰囲気→大きく打つという、
緩急を意識して技を出すことで、
相手の体勢を崩していきましょう。

1-3.鍔迫り合いから間合いを切った瞬間

鍔迫り合いから、
お互いに離れようとして、
間合いを切った瞬間は、
相手の気が抜けていることが多くあります。

相手としては、
こちらも何も仕掛けてくることはないものと、
安心しきっていることが多いので、
このタイミングを狙っていきましょう。

2.それぞれのタイミングで有効な技

これまでに紹介した、
打つべきタイミングについて、
そのタイミングで出すことによって有効な技がいくつかあります。

具体的に使用できる技について、
紹介していきたいと思います。

2-1.相手が打った後に有効な技

・小手返し面

特に、相手の小手が惜しかったときなどは、
小手を決めにいく傾向にあります。

惜しかったとしても、
当たっていなければ一本にはならないので、
相手の小手に旗が上がらない時には、
必ずその後に面を打ちましょう。

・面返し面

あまり面返し面を使う方は多くないかもしれませんが、
かなり有効な技の一つです。

飛び込み面や相面を狙って面を打ったとき、
面が当たらなければ止まってしまう相手が多いです。

止まった相手に対して、
面返し面が大変有効です。

面を避けた後に、
下がりながら、相手の右面を打ちましょう。

2-2.鍔迫り合いになった瞬間に有効な技

・崩して引き面

相手と鍔迫り合いになっているときに、
相手の体勢を一瞬で崩して打つ引き技です。

お互いに打ち合う、
もしくは、避けながら鍔迫り合いの状態になったとき、
相手の左側の首元あたりを、
一瞬左に向かってグッと押すことで、
相手の体勢を崩します。

崩した瞬間に、
面をかばうこともあるので、
崩して引き胴も有効です。

2-3鍔迫り合いから間合いを切った瞬間に有効な技

・引き面

間合いを切った瞬間というよりは、
鍔迫り合いから間合いを切ろうとしているとき、
というのが正しいかもしれません。

このときに有効な技が、
引き際の引き面です。

お互いに離れようとして、
相手としても、何も打ってこないだろうと、
安心しきっているところがチャンスです。

緩急を意識して、離れ際に一気に引き面を打ちます。

・巻いて面

間合いが切れるタイミングあたりで、
相手の竹刀を裏から大きく巻きます。

竹刀を巻いて、大きく崩れたところに、
そのまま前に向かって面を打ち込んで行きます。

鍔迫り合いから分かれるときに、
何も打たない雰囲気を出すことがポイントです。

打ってこないだろうと安心しきっている相手の場合、
タイミングによっては竹刀を落とすこともあるので、
大変有効な技です。

このように、鍔迫り合いになった瞬間や、
相手が打った瞬間は打突のチャンスとなることが多いです。

ここを攻めるだけでも、
一本になる確率が上がりますので、
皆さん是非試してみてください!

Follow me!

コメント

  1. […] 前回書いたのですが、相手が打ったあとは、一本を取るチャンスになります。(相手が打った後/鍔迫り合いになった瞬間は試合が動くチャンス) […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました