剣道の応じ技(出頭)-相小手面-

竹刀 剣道
竹刀

剣道の応じ技(出頭)-相小手面-

どうも、もちおです。


今日は、剣道の応じ技について、
その中でも、出頭の技について話をしていきたいと思います。

前回は出小手で、面に対しての応じ技でしたが、
今度は小手に対しての応じ技です。

剣道の中では、面に対しての応じ技と、
小手に対しての応じ技が最も多くなるので、
抑えておきたい技の一つですね!

1.相小手面を打つタイミング

タイミング

相小手面でよくありがちなのが、
相手の小手を待ちすぎて、
相手の小手が先に当たってしまうというものです。

小手は面に比べて、
より相手に近い距離にあるため、
相手の竹刀が届くまでのスピードもより早いです。

待っていては絶対に相小手面を決めることはできません。

では、どのタイミングかということですが、
相小手面も出小手と同じく、
「相手が 打ってきそうなところ(まだ打ち始めていない時)」
を狙うことが大切です。

特に相小手面の場合は、
先程の通り、相手がスピーディーに小手を打ってくることが予想されるので、
場合によっては仕掛け技となるくらいのタイミングでちょうどよいです。

とにかく相手より打ち送れないタイミングで打つこと、
これを意識することが重要です。

2.相小手面のポイント①相手の右手親指を打つ

ポイント

相小手面を打つときには、
打つ場所がポイントです。

通常の小手とは違い、
相小手面の場合は、相手の右手親指を、
真上から打つようなイメージで打つことが重要です。


右手の親指は、相手の正中線上にあるので、
打つときに最短距離で打つことができるかつ、
小手を打ったときに、相手の竹刀の軌道をそらすことができます。

3.相小手面のポイント②小手/面それぞれでしっかり踏み込む

2つ目のポイントは、
小手と面それぞれでしっかり踏み込むことです。

小手面の連続技に足がついて来れず、
1本目の小手が両足とびになってしまう人がいますが、
両足とびだと打突に力が入らず、
相手の小手に打ち負ける場合があります。

必ず1本めの小手と面、
それぞれの踏み込みを行うことを意識してください。

4.相小手面の練習方法

小手面のおすすめの練習方法は、
下記の2つです。

①それぞれ1本になるように小手→面を打つ
②掛かり稽古や打ち込みの中で、体が自然と覚えるまで打つ

①それぞれ1本になるように小手→面を打つ

飛び込み小手→飛び込み面のイメージで、
小手、面どちらも1本にできるように稽古する方法です。

通常相小手面は、小手→面の間は短いですが、
この練習のときには、小手→の面の間の時間は長くても良いので、
1本ずつ丁寧に打つように心がけてください。


この練習になれてきたら、
少しずつ小手→面の間の時間を短くしてみてください。
最終的には、スピードもあり、
小手と面それぞれに力がこもった打突ができるようになります。

② 掛かり稽古や打ち込みの中で、体が自然と覚えるまで打つ

これは剣道の練習全体に言えることですが、
最終的には体が自然と動くまで、
体に覚え込ませることが重要です。

特に、相小手面のような二段技は、
1本目の技を打った時点で体が固まってしまいがちです。

体が固まってしまうことがくせになっている人は、
基本打ちでは二段技が打てたとしても、
いざ試合となると二段技が打てないことが多々あります。

掛り稽古や打ち込みは、打つ場所を瞬間的に判断しなければならないため、
体が自然と動くようになります。


なれるまでは、このような稽古の中で打っていくことを意識しましょう。

相小手面は、仕掛けの小手面が打てるようになって、
タイミングさえ掴むことができれば、
自然と打てるようになります。

使えるようになると剣道の幅が広がるため、
是非覚えていきましょう!

Follow me!

コメント

  1. […] 小手面は仕掛け技としても、応じ技としても使用できます。※応じ技については、下記の記事を御覧ください。剣道の応じ技(出頭)-相小手面- […]

タイトルとURLをコピーしました