【どんな人がAudibleを使うべきなのか?】オーディオブック・Audibleの内容と使うメリット

ビジネス

Audibleとは

Audibleは、Amazonが運営するオーディオブックサービスです。

Kindle版で購入した本を、声優やナレーターによる読み上げの音声で聴くことができます

Amazonで販売されている書籍の中で、Audibleに対応しているものであれば、オーディオブックとして聴くことができます。

→Audibleの公式サイトはこちら

Audibleの内容

月額1,500円で多くの本を聴ける

Audibleでは数万冊もの本が用意されており、購入することで聴くことができるようになります。

また、ビジネス書からエッセイ、文学作品と幅広いジャンルの本を取り扱っているところも特徴です。

そのあたりはやはり大手電子書籍サービスのKindleを扱っているAmazonの強みですね。

毎月付与されるコインで好きなタイトルを購入

Audibleの会員になると、毎月1枚コインがプレゼントされます。

そのコインで本を1冊購入することができ、購入した本はその後期限なく聴くことができます

本1冊程度の価格で本の購入と、ナレーターによる読み上げ機能を利用できると考えると大変お得ですね。

また、通常の本とオーディオブックの異なる点として、ながら読書ができるというメリットがあります。

時間を有効に活用できるようになることも考えると、たった1,500円という値段はかなりお手頃です

オフラインでも聴くことが出来る

スマホでオーディオブックを聴く場合に気になるのがデータ通信量ですが、Audibleは事前にダウンロードしておくことでオフラインで聴くことが可能です。

電波の悪い場所や飛行機の中も含めて、場所を選ばずにオーディオブックを聴くことができます。

→Audibleの公式サイトはこちら

Audibleを使うメリット

ながら読書で時間を効率的に使える

Audibleなどのオーディオブックを使う一番のメリットはこの「ながら読書」ができることだと思っています。

私は本を読むことも好きなので、場所を選ばずに読める電子書籍をよく読んでいますが、電子書籍は一部「ながら読書」ができないときがあります。

例えばジョギングなどのトレーニングや、料理をしながら電子書籍を読むことはできません。

しかし、Audibleなどのオーディオブックはトレーニングや料理中でも本を聞き流すことができてしまうわけです。

時間をダブルに使えるながら読書はAudibleの最も大きなメリットです。

スキマ時間を有効に活用できる

Audibleなどのオーディオブックは、スキマ時間で本を理解することにも向いています

10分ほどのちょっとした移動時間はわざわざカバンから本を出してまたしまうのが面倒で結果的にその10分をぼーっと過ごしてしまうことが多いものです。

しかし、Audibleであればその移動時間でもイヤホンのスイッチと再生を行うだけで本を聴くことができます。

本を読む前と後の手軽さという点がAudibleの強いところです。

読書が苦手な人でもハードルが低い

「字を読むのは苦手」「読書が続かない」という人も多いと思います。

しかし、Audibleなどのオーディオブックは、音声を聴いているだけで良いので、読書へのハードルがとても低いです。

通勤・通学のときにイヤホンをつけて聞いているだけで読書が進むのですから、これほどに簡単なものはありません。

毎月本1冊分のコインが貰える

Audibleでは、毎月コインがもらえて、そのコインで本を1冊購入することができます

通常オーディオブックは書籍は別途購入する必要があるので、毎月コインをもらえるのは大変お得ですね。

また、購入したタイトルは永久に聴くことができ、退会後も聴くことができるようです。

会員は非会員価格の30%引きで本を購入できる

コイン以外にもお金を出して本を購入することができますが、そのときに会員は非会員価格の30%引きで本を購入できます

普段から本を月に複数冊買う人は、Audibleにすることで本をお得に買うことができますね。

→Audibleの公式サイトはこちら

まとめ

学習のスピードを上げていきたい人は本、勉強会、オーディオブックなど様々な手法で学習に取り組むことをおすすめします。

そうした方が、学び方にバリエーションがでてモチベーションにもつながるからです。

その一つの選択肢として、是非Audibleを使ってみてください!

→Audibleの公式サイトはこちら

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました